Jollyscoop~6歳0か月*おうち英語*奮闘記~ IN 高知

なるべくお金をかけずに! 自宅で目指せバイリンガルキッズ!

スピーキング・リスニング・ライティング・リーディング(4技能)がグングン伸びる具体的な方法

throw back

Date:July 31

みなさんこれ知ってますか?

f:id:jolie_sk:20190819104932p:plain

娘は日本語では

「ムニムニ」とか「グニャグニャ」と表現してました。

7月31日の週1サイエンスはスクイーズボールを作ることにしました。

 

f:id:jolie_sk:20190819111208j:plain





 

 

英語で「squeeze ball」であってるよね??

と思って不安になったのですぐ調べました。

 

 

そしたら・・

Oobleck というワードがでてきて

「え?!」となりました。

皆さんは知っていましたか??

 

 

From Wikipediaによると

  • Oobleck, a fictional green substance in the Dr. Seuss book Bartholomew and the Oobleck
  • Oobleck (non-Newtonian fluid), made of cornstarch and water, named after the substance in the Dr. Seuss book・・

 

あの有名な「The Cat in the Hat」の著者Dr.Seussの本に、緑色の物体ウーブレックコーンスターチと水を合わせた非ニュートン流体)というものがでてくる様です。

なのでウーブレックと呼ぶ人がいるのですね!

なるほど~~!

でも、Dr.Seussの本を読んだことない人には、Oobleckってなんだよ?!ってなると思うし・・(私もそうなったので調べました)

そもそも架空の話だし・・。

 

f:id:jolie_sk:20190819115201j:plain

 

 

なので・・!

子供には squeeze ball の方で覚えてもらいたいと思います。

なぜならsqueezeという単語 ちゃんと辞書に載ってるので。

 

oxford dictionaryによると・・

  • squeeze/verb

squeeze sth(something) (from/out of sth) to press sth hard for a particular purpose.

 

と書いてますね。

このように、例え日本語で意味をだいたいわかっていても

子供の単語定着・間違った事を教えないように英英辞典で調べなおします。

意味がわからなければ、一つ一つの単語まで

英英辞典で調べます。

例えば、pressってなんだ?

purposeってなんだ?と思えばそこから調べます。

そうするとグングン語彙が芋づる式に増えていきます!!

全くの初心者でも英英辞典をひいた方がいいというのはそういうことなんです。

単語をひくなら絶対に英英辞典!
その理由も後にお伝えしますね♪

 

 

 

 

もちろんスクイーズボールを作った後は

スピーキングタイムを10分程とります。

スピーキングタイムでは、間違いを一切指摘せずに

  • what did you make? (何を作ったのか?)
  • explain how to make it (どうやって作ったか手順を説明してもらう)
  • what did you think? (作ってどう思ったか)
  • what does it feel like? (手触りはどうか)

このような質問をします。

 

 

それから、子供が話すの書き取ります。

結構文はめちゃくちゃだったり

文法的にきちんと言えてるところもあったりとバラつきがありますが

それを私が5行くらいに簡単な英語でまとめます。

そしてディクテーション用に文字を書くところに線をひっぱります。

ここが重要でキモです!

 

 

 

※5~6歳の子供に線を引っ張らずにディクテーションさせようとすると

空間を開けずに単語をすべてくっつけて書いてしまい

何を書いているか全くわからなくなるので

そこは親がフォローします。

 

 

 

線をひっぱって準備ができたら

ディクテーション開始です!

まずは普通の速さで読みます。

それからゆっくり一つずつ音を意識しながら読みます。

例えばmadeならma/de(メエイ/ドゥ)のように

わけて自分で考えさせながら音拾いをします。

f:id:jolie_sk:20190819111930j:plain

 わかりますでしょうか?

 聞こえた音を拾って書いているためローマ字のように

[made][meid]と書いています。

他にも・・・

f:id:jolie_sk:20190819112221j:plain

[water]が娘には[waro] [woro]のように聞こえたようです。 

[orange][ourenge]と書きました。

[ball][bou] [bol]と書いていたので、私の発音がマズかった・・!と思い[a]を意識して発音すると[ball]と書けました。

[a]を意識すると[o]に聞こえてくるのが不思議です。

このあと娘は自分の聞き取った音と確認するために
自宅にあった英英辞典を引き始めました。(もちろん補助付きで)

 

 

 

これをしているうちに

娘はeの音は聞こえないのになんで書くの?と気づいたようです

なのでここ最近では、ここには聞こえない音が入るよというと

e!といいながら書いたりします。

 

 

 

 親も自分の発音が違っていると全然違う風に子供が聞き取って書いてしまうので

自分の発音を意識するようになってとても良い効果があります。

 

f:id:jolie_sk:20190819111405j:plain

 

娘は[starch]のことを[flour]と表現しました。

コーンスターチ

 

 

 

最後は、自分で書いた文章を音読します。

これをすることで・・・

  • スピーキング
  • リスニング
  • ライティング
  • リーディング

全ての技能を網羅できます。

とってもオススメです!ぜひトライしてみてくださいね♪

 

 

↓ ブログ村ランキングに参加しています。

にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ
にほんブログ村